CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2007年夏 台湾旅行4日目
0624-1
台湾旅行最終日。
朝食は定番の華山市場の2階にある
阜杭豆漿へ。
相変わらずの混雑。。。
内帯の列に並び待つこと15分。
お決まりの鹹豆漿、油條、そして厚餅、冷たい豆漿を。
ココの鹹豆漿はザーサイと干しエビがたっぷり入っていて食感が楽しめるから好き。
そして焼きたてほやほやの厚餅は相変わらずの美味しさ。
朝食からお腹いっぱい食べてしまった^^;
さぁ最終日!ラストスパートだ!
と思いつつも暑さと満腹であまり動けず・・・。
0624-2

お腹いっぱい・・・。
と言いつつも食べねばならぬ!だって最終日だもんっ!ってことで昼食。
今回、お初に行ってみた聚寳徳 上海湯包
店内はとてもキレイ。
点心は店内の片隅で作って蒸し上げられるのでその様子が見られて楽しい。
お腹もいっぱいだったので、聚寳小籠湯包と聚寳蝦蛋飯とコーンスープの3品のみを注文。
聚寳小籠湯包は注文が入ってから作り、蒸すので混雑時はかなり時間がかかる感じ。
でもそのお味はなかなか。
正直、炒飯、コーンスープはイマイチであったが、小籠包はなかなか。
ってことで、次回は点心のみの注文にしよう!

0624-30624-4


0624-5

最後の締めはコチラ。
東区粉圓で冷たい氷を。
かき氷(?)とはとうてい思えないくらい直径5ミリ大の氷にトッピングってな具合。
湯圓、芋頭圓、小豆に練乳をどわ〜っとかけてみた。
その直径5ミリ大の氷はお代わり自由で、店内の隅に店員さんが構えているので「氷入れて〜」と訴えればいくらでも入れてくれる。
が、しかしだよ。
いくら暑いとは言えそうそうあの氷を食べられるもんじゃない(-_-;)
こーして楽しかった5度目の台湾旅行は終わった・・・。
| 台湾旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007年夏 台湾旅行3日目
0623-1
台湾旅行3日目。
特に「ココへ行く!」という予定もなく台北市内をのんびりブラブラしようかなぁ〜という日(笑)
朝ものんびり起きて肉粥が美味しいと評判の周記肉粥店へ。
地元客で溢れかえる店内に入ると店員さんがワタチ達を日本人と察知し、日本語メニューを持ってきてくれた。
ココは看板メニューの肉粥パイコー紅焼を。
季節限定メニューのタケノコも忘れない^^;
肉粥はお醤油ベースのお味。米粒がしっかり残ってるいるのに一粒一粒にお味がしみ込んでいる。さら〜っと食べられてしまう優しいお味。
パイコー紅焼は思ったより油っこくもなくやわらかくジューシー。タケノコも美味しかったよん♪
0623-2
午前中のおやつはコチラ。
(実は午前中2回目だったりする^^;)
33冰城にて芒果千層冰を食す。
コチラのお店は1年中マンゴーかき氷が食べられると有名。(冬は冷凍マンゴー)
もちろんこれは冷凍じゃなくて生マンゴーよん♪
で、千層とは氷の塊のことで、マンゴー味の氷の塊を削ってその上にマンゴーとマンゴソースがかかったとても豪華なかき氷♪
ふわ〜っとお口の中で溶けるマンゴー味の氷が最高であった。
台北の夏は暑いけど、暑い中で食べるかき氷はホントに美味しい!と思う瞬間であった。
0623-3
さて、昼食。
微風廣場フードコートにある上海湯包館へ。
ちょっとオサレな(!)高級な店構え。
あんまりお腹も空いてなかったのと手持ちのお金が寂しかったの(!)最小限の注文を^^;
もちろん小籠包は外せないので店名にもなっている上海湯包を。
コチラの特徴はなんでも小籠包の口が少しだけ開いていること。
鮒口(?)と呼ばれている作り方とか!?(詳細はよくわからんが、とにかく口が開いていた)
なので、中のスープをこぼさないように細心の注意をはらって食す。
さっぱりとしたシンプルなお味の小籠包。
0623-4
もう一品は蝦仁蟹粉炒年(こめへんに羊?みたいな漢字)。
粽?と思って注文したのだけど、意外や意外なモノが登場(笑)
いやいや、しかしコレ、なんとも美味だったのですよ!
もっちりとした韓国のトッポギのようなお餅みたいな食感のモノの上にどわ〜っと蟹味噌ソースがかかり、お腹がいっぱいでもついつい食べてしまう。
蝦と白菜も甘みが出ていてホントに美味であった。
0623-5

で、お次はおやつ。
微風廣場の近くにあるフルーツパーラー百果園へ。
住宅街にあるので、ちょっとわかりにくい・・・。
たぶんワタチ一人じゃ二度と行けそうにない(-_-;)
お目当てのマンゴージェラードを食べに行ったのだけど、どーも注文の仕方を間違えたらしく、マンゴージェラードフルーツ乗せ!?(いや違う!?フルーツ盛りマンゴージェラード添え?)がやってきた(笑)
コレはコレで大満足だったから良いのだけど。
マンゴージェラードは噂通りとても濃厚で美味しい!
乗っていたフルーツもどれもこれもとーても美味しかった!
ココでスゴイスコールに見舞われたので、しばし雨宿り。。。
お土産にマンゴージャムを購入。コレ、びっくりするくらい美味しかった!もっと買って帰れば良かったと後悔している・・・。
0623-7

夕食は京鼎楼。台湾に来たからにはやっぱりココの小籠包は外せないかなぁ〜って気になる(笑)
お店が拡大したようで、地下に通された。地下はちょっと暗い感じがするので出来れば2階席がいいなぁ〜と思ってしまったよ。
朝から食べ続けだったので、お腹もあまり空いてなく、このあと夜市にも行く予定だったので、軽めの注文に。
小籠包、さらにはこの店に来たからには外せない蝦炒飯、そして野菜不足を補うべく空芯菜炒め。
やっぱり京鼎楼の小籠包は皮が薄くて美味しい〜。

士林夜市へ行く。
足ツボマッサージをしてお腹もこ慣れてきたところで、美食街へ。
この日は土曜日ってこともあり、結構な混雑ぶり・
どこの店で何を食べようか悩む・・・。
それでもやっぱり蚵仔煎(カキオムレツ)と魯肉飯は食べたいよなぁ〜ってことで美味しそうなお店(繁盛店?)に適当に座る。
(※今回やる気があまりなかったので、店名及び店番号はまったく控えてない^^;)
蚵仔煎(カキオムレツ)と魯肉飯以外にちょっと気になったイカの煮物みたいなモノを注文。

魯肉飯
ちょっぴり甘めのタレ。
まるで肉じゃがのような味だよねぇ〜って感じの甘さだった^^;
お店によってこのタレの味が違うので食べくらべるとおもしろいのだ。
でも食べくらべするほどお腹は空腹じゃなかった・・・。
そーいえばこの旅で鶏肉飯、一度も食べなかった・・・。
残念〜また次回。。。

士林夜市へ行ったなら絶対に外せないのは楓霖冰果愛文芒果牛女乃雪綿冰
コレを食べるだけでも台湾に行く価値はある!と思うくらい美味しいのだ♪
今回はもちろん、上にのってるマンゴーは生♪
ふわふわ〜と綿々氷は優しくお口の中で甘く溶けてゆく〜。
ホントにホントに台湾に来て良かった〜美味しいよ〜楽しいよ〜と思う瞬間である。
コレを食べるとまた絶対に台湾に来るよ〜と思う。
| 台湾旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007年夏 台湾旅行2日目
0622-1
台湾旅行2日目。
台湾に来たからには台湾人になりきらなければならぬ!ってことで朝は豆漿。
日本アジア航空のHPで紹介されていて気になった青島豆漿店へタクシーを走らせ行く(笑)
だって朝から暑かったし(-_-;)
この日は高雄へ日帰りする予定だったので、朝から効率よく行動したかったわけで。
で、注文したのはもちろん、鹹豆漿、油條、焼餅。
定番メニューね(笑)
コチラのお店の鹹豆漿は味付けが薄くて優しいお味。
冷たい豆漿をテイクアウトにしていざ高雄へ出発!
高雄へは出来たばかりの台湾高速鐵道(略して高鐵)に乗って90分ちょっと。
近い♪近い♪

0622-20622-3
0622-40622-5
0622-60622-7
0622-80622-9

高雄での昼食は豪華にってことで、台湾レストランの最高峰として数々のマスコミにも取り上げられている海鮮料理の名店紅毛港海鮮餐廳へ。
コース料理を注文。スゴイ品数が出てくるのでかなりお得感はあると思うのだけど、何せワタチってばB級グルメなもんで、むー台湾にまで来て刺身は食べなくてもいいっ!
とか、海鮮の名店なのになぜゆえに肉が出てくるねん!?やっぱり和牛は最高だねぇ〜と思ったりするわけで。
あ、でもうちわ蝦はかなり美味しかった♪
0622-10
高雄でのおやつ。
旗津(チーチン)という、半島に偶然にも辿り着いてしまったので、そこでちょっと休憩がてらかき氷を。(ってことで店名失念!?)
食べたのはシンプルな氷のかき氷に小豆等をトッピング。
この店の売りは黒蜜らしく、通常なら練乳をかけるところ黒蜜がかかってる。あと、豆花にタロイモの団子をトッピングしたもの。
結構、お腹いっぱいになってしまったが、蒸し暑かったので冷たいモノがごっつ美味しく感じるのだ。

0622-110622-12

0622-130622-14

夕食は六合夜市で。
お昼が豪華だったので、夕飯はB級グルメの原点に戻ってみる(笑)
担仔麺が美味しくてねぇ〜。
屋台での食事は衛生面的にちょっと・・・って思ってしまう人も多いかも知れないけど、安くて美味しいモノがホントに多いっす。
ワタチは結構、お腹も大丈夫派なので、高級店より屋台かも?!
| 台湾旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
2007年夏 台湾旅行1日目
0621-10621-2
0621-30621-4

5度目の台湾旅行。
暑いのが苦手なワタチがなぜゆえに6月の台湾に行ったかと言うと理由は2つ。
々圓たかった5月にお休みが取れなかった。
行くなら絶対マンゴーの時期だ!
ってことで、暑さ覚悟の強行突破出発。
空港に降り立った瞬間にむわ〜っと地面から湿気と暑さがワタチを襲う(-_-;)
しかし暑さにやられてる場合じゃない!と早速、永康街にタクシーを飛ばし向かう。
去年12月に行ってその美味しさに感動した金鶏園に再び♪
小籠包子排骨麺蟹黄小包蝦仁粥の4品を注文。
いや〜ホントにココの小籠包は肉がうまい!そして蟹みその美味しさを教えてくれたお店。
排骨麺もお粥も美味しかった!次回もまた絶対にこの店は外せない!
0621-5
昼食の後はデザート♪
永康街に来ているのだからココを外すわけがない(笑)
冰館(ピンクァン)超級芒果牛女乃泡泡冰
この日は薄曇り、気温は30度を楽々超えていたのでまさしくかき氷日和♪
新鮮で超ウレウレマンゴーがたっぷり乗ったかき氷を蒸し暑い外で食べる幸せったらない♪
観光客はもちろん、地元客もほとんどがこの超級芒果牛女乃泡泡冰を食べていたから、その美味しさは保証付き♪
0621-60621-7
0621-80621-9

初日の夕食はちょっとリッチにしてみる!?ってことで、鶏家荘にて。
いつもはB級グルメなので、とにかくうまい小龍包を食べられれば幸せ!ってことで台湾に来ても高級店にはほとんど行ったことがなかったワタチ。
初日の時点ではちょっと贅沢にって気持ちもあったのだけど、帰国する頃にはそんな気はまったくなくなっていた(笑)やっぱ台湾はB級グルメよ!
で、コチラのお店は鶏料理専門店。
台湾は鶏肉が美味しいので、期待して行った。
うーん。。。美味しいけど、お値段ほどの美味しさではなかった・・・。
再訪はたぶんない。。。
| 台湾旅行 | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) |
春水堂(台中本店) パールミルクティ
0206-1
台湾旅行から早1ヶ月。
今さらって感じだけど、まだアップしてないモノがあったのでご紹介。
台中に行ったらココでパールミルクティを飲もう!と決めていた春水堂
行くと普通の喫茶店って雰囲気なんだけど、ココがパールミルクティ発祥の地。
ココのオーナーが珍珠とミルクティの組み合わせを思いついたとかで。
ワタチはもちろん冷たいパールミルクティ、そしてまたあきちゃんは温かいパールミルクティを注文。
とっても濃厚なミルクティ(ロイヤルミルクティのような味わい)に小さめの珍珠がたくさん入っている。
ストローでちゅーっと吸い上げるとぷにゅぷにゅした珍珠が無数にお口いっぱいに広がって美味しい。
ちなみに温かい方はというと、やっぱり冷たい方がワタチは好き^^;って感想(笑)
| 台湾旅行 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
蚵仔煎&魯肉飯@士林夜市
1229-1
士林夜市で食べた蚵仔煎(カキオムレツ)魯肉飯
店名不明・・・。店番号は441番。
常にお客さんがいっぱいだったので、きっと美味しいに違いないっ!ってことでコチラのお店を選んだ(笑)
すでに夕飯は済ませてから夜市に行ったので、軽めにデザートだけと思っていたのだけど、蚵仔煎(カキオムレツ)をまだ台湾で食したことがなかったので、無理してでも食べてみよう!って気になった。んで、蚵仔煎(カキオムレツ)だけじゃアレなのでついでに魯肉飯も^^;
小さめのカキが入った、オムレツ(?)。透明感のある生地はびよーんっと弾力がある。
決め手はソースだと思う。
このオレンジ色のソースはちょっぴり甘めなんだけど後口はぴりっとする。
うひ、おいちー。
魯肉飯も絶品であった。
コチラもちょっぴり甘めの味付け。玉葱のような甘さが美味しいの。
結局、お腹いっぱいと言いつつ完食してしまった(笑)
これぞ、夜市の屋台マジックか?!
| 台湾旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
古早味豆花 粉圓豆花
1228-1

初日の夜にデザートで食べた古早味豆花粉圓豆花
MRT淡水線雙連駅が最寄り。寧夏夜市のすぐそばにあるお店。
改装したばかりなのかとっても小ぎれいなお店だった。
この時はお腹もいっぱいだったので、シンプルなさっぱりした豆花が食べたいなぁ〜と思っていたのだけど、いざお店に入り美味しそうなトッピングの数々を見るとそーもいかず(笑)
粉圓豆花、豆花とブラックタピオカ、そしてもう一品トッピングが選べるのだけど、どーしても1種類だけではもの足りず、店員さんに「もう一つのせたい!」とお願いして、紅豆(小豆)と緑豆の2種類をトッピング。
あ、もちろん冷たいバージョンね。(あきちゃんはもちろん温かい豆花を食べていた^^;)
豆花はさらりとした舌触りの結構濃厚な豆腐味(笑)
ふっくら炊きあげられた小豆が何とも美味なのであ〜る♪
ブラックタピオカもなんだか黒糖味がしてこりまた濃厚。シロップはわりとさっぱり味。
小さめのどんぶり一杯分の量なので、かなりお腹にたまるけど、美味しいのでさら〜っと食べられる。
| 台湾旅行 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>